開運会社印鑑TOP > 開運について > 印材について

印材について

「印鑑」は単に道具というだけでなく、お客様自身を証明する大切な「証」となります。その証である印材にも、当店は強いこだわりを持っています。

4代目小林照明が自ら製造元に出向いて目利きをし、間違いないと確信した印材しか取り扱っておりません。ですから、当店の黒水牛、牛角白、本つげは、どれをとっても印材によって運気が変わることはございません。
いずれも会社ご印鑑として末長くお使いいただける吉印材だと考え、感謝と畏敬の念を込めお彫りいたしております。

お客様ご自身が「気に入った印材」「使って気持ちのよい印材こそが最高の吉印材です。どうぞご自身の感性を信じて、ご希望の印材とサイズをお選びください。

開運会社印鑑の印材

当店の開運会社印鑑はすべて「アタリ無し」「サヤ無し」

開運印材はすべてサヤ無し(キャップなし)、アタリ無しです。
サヤとは印鑑の足元にサヤを足している形の印鑑(キャップ付き ふた付き)です。アタリとは印鑑の文字の前後がわかるように印鑑自体に刻みを入れることです。

「サヤ」「キャップ付き」のご印鑑は頭を押さえられ伸び悩むと言われておりますので開運吉相印鑑の場合には、サヤの無い素材を選んで使用いたします。
また、吉相印として大事なご契約書類への捺印の際に、再度「印面を確認する余裕と時間」をお持ちいただくことで、この契約の良し悪しを再考し、慎重に捺印するという意味を込めて、「アタリなし」の印材を使用しております。 小林大伸堂の開運会社印鑑はすべて、良いと言われることを取り入れ「前向き・上向きに伸び」「繁盛・隆盛」を願ってお彫りいたします。

開運会社印鑑はすべて「アタリ無し」「サヤ無し」

自由な組み合わせでお買い求めいただけます

印材、サイズ、本数を自由に選べる開運会社設立印鑑セット

当店では、会社実印・銀行印・角印の素材を同一の印材にてお彫りすることもそれぞれ役割に応じて素材を自由に変えて選んでいただき、セット価格にてお彫りすることも承っております。(会社実印・銀行印・角印を牛角白・黒水牛などで3本揃える場合と、牛角白会社実印・黒水牛会社銀行印・本つげ角印のように役割に応じて選んでいただくことも可能でございます)

牛角白

牛角白

飴色で上品な中にも大きな芯が1本通り粘り強く根気強く大きく伸びる会社の印鑑に最適

牛角白は白飴色をした、気品のある美しい牛の角(うしのつの)のご印鑑です。
現在は、おもに南米(中南米)、オーストラリア産の牛の角を使用いたしますが、その昔オランダの植民地だったタイなどから産出されたので、「オランダ水牛」とも呼ばれました。
しかし、原産地の誤解を与えるため「牛角(うしのつの)」と名称が変わりました。 「白水牛」と表示する店舗もございますが、「陸牛」も含まれますので当店では「牛角白」と表示しております。印材の中心に大きな芯があるのが特徴で、ひびが入りにくく歪みの少ない一品です。

牛角白 うしのつのしろ

水牛の印材はすべて芯持ちをご用意しています。

小林大伸堂の開運会社印鑑に使用する水牛印材(牛角白・黒水牛)は、すべて芯持ちを選んで使用しています。
芯持ちの牛角白印材は、ひび割れが少なく良質でとても丈夫な印材です。また、色の付いた印材や縞模様に黒いスジの入った牛角白は並材となり、品質も価格もランクが下がると言われております。当店では、無地に近い「特上材」の牛角白印材を 店主小林が1本1本選んで仕入れいたしております。

芯が大きいためヒビがはいりにくいですが、まれに大きな芯の部分がへこむことがあります。当店では、十分に寝かせた印材を使用していますのでご心配はいりませんが、芯の大きな高級物ほどその可能性があります。もし、そのようなことがありましたらすぐに修理いたしますので、ご連絡下さいませ。

黒水牛

黒水牛

一本芯が通った粘り強い素材で、力強い黒色は大きく発展し地盤固めと安定を求める会社の印鑑に最適

黒水牛とは東南アジア、インド、アフリカ産の水牛の角です。朱肉の付きも良く、またとても丈夫なところから 印材としては最もポピュラーで人気のある素材です。
水牛の印材はすべて芯持ちをご用意しています。
小林大伸堂の開運会社印鑑に使用する水牛印材(牛角白・黒水牛)は、すべて芯持ちを選んで使用しています。芯持ちの黒水牛印材は、ひび割れが少なく良質でとても丈夫な印材です。
黒水牛は天然の素材でございますので、太陽光や照明の下に長時間あたりますと乾燥してヒビが入ることがまれにあります。ご使用後はケースに入れて大切に保管して下さいましたら末代までお使いいただけます。

薩摩本つげ

薩摩本つげ

木材の中でも非常に成長に時間がかかる堅い素材であり、また黄楊とも書くように黄色の表面は金運の素材でもある。
じっくりと確実・堅実に伸び蓄財と金運を求める会社に最適

以前は伊豆、三宅島、鹿児島等国産のツゲの木を使用した物を「本柘(ほんつげ)」、タイ周辺から輸入した物を「シャム柘(しゃむつげ)」と呼んでいましたが、現在では、ツゲ科・ツゲ属に属する国内産の印材のみを「柘(つげ)」または「本つげ」とよび輸入物の素材をアカネ科の木材であることから「アカネ」と呼びます。
当店では、鹿児島産の「薩摩本つげ」のみを使用しておりますので、お送りする「つげ会社ご印鑑」には、産地の品質保証書をお付けいたしております。
木製のため、長期間(数十年ですが使用頻度にもよります)ご使用の場合、朱肉の成分により枠がもろくなる場合があります。
ご使用後、朱肉をふき取るように心がけると長持ちいたします。当店では、手仕上げにより枠を土手にお彫りしますのでより長持ちいたします。
→本つげについて

パワーストーン 宝石印鑑

パワーストーン 宝石印鑑

当店では牛角白・黒水牛・本つげ以外にも水晶や・タイガーアイ・メノウ・黄水晶などのパワーストーン素材でお彫りする会社印鑑もお選びいただけます。

それぞれの素材が意味やパワーを持つと言われるストーン素材に、画数と運気を取り込んだ開運書体にて会社実印や会社銀行印、会社角印をお彫りいたします。実印を牛角白や水牛で、会社銀行印を金運のタイガーアイや黄水晶でお彫りすることも可能でございます。それぞれの役割に応じて印材をお選びくださいませ。
お求めはこちらから→ パワーストーン 宝石印鑑 Rose Stone

印材選びに迷われた場合には「生年月日」「社長様のお生まれ年」などから吉印材をお選びいただくことも可能です。
ひとつの目安として印材選びの参考にしてください。
→九星気学で自社の星を調べる

あれこれ迷ったら・・・彫刻士小林がご提案する お任せ開運会社印鑑
ご印鑑選びにお迷いの方は、4代目彫刻士が生まれ星・画数を判断して適印材・お見積りをご提案します。(お問合せ無料)
納期・画数・印材 字体など何でもお問合せ
ご印鑑について・画数・姓名判断・字体・印材・納期についてなどご質問があればお気軽にお問合せ下さいませ。
印材・サイズ・本数を自由に選べる開運会社設立印鑑セット

実印・銀行印・角印・認印・ゴム印をお好みの印材・サイズ、必要な本数で自由に組み合わせてお選びいただけます。

TEL 0778-51-0628 受付時間/9:00~19:00 FAXでの注文 メールでのお問合せはこちらから